close
お気軽にどうぞ 0120-73-6662

愛車に車磨きとボディコーティング

愛車の車磨きの必要性・新車と経年車(中古車)の違い

車磨きとはポリッシュを必要としますし 適切に下地処理された車両は新車以上の輝きを得るに到ります。

スクラッチ傷や劣化を負っていない新車を購入された場合は深い研磨を必要としませんが、 車両にコーティングを施行されるのであれば簡単な下地処理は必要です。
下地処理をしなければコーティングが上手く定着しないためです。

愛車に車磨き・専門店に依頼する?それとも自分で?

車磨きは敷居が高いと感じる方も多いかも知れあせんが、軽微なダメージを取り除き最適な下地を作ることはどなたでも出来ます。 ダメージなどのない新車や新古車を購入されたのであれば、是非ご自身でトライしてみて下さい。

すでに車両が大ダメージを負っていて、それらのダメージを完全に除去したいとお考えであればカーケアショップに依頼する方が良いでしょう。

ただし専門店の車磨きはかなり高額になります。 例えば、ダメージ車両を磨くだけで10〜15万円の磨き料金を請求するショップもあるほどです。

当店の場合は重度のダメージを負った車両を磨く場合はモニターサービスを利用すると約1〜4万円ほどです。 この価格は業界の標準よりかなり安いなため多くのお客様から評価を頂いております。

車磨きの価格について疑問点・なんで高いの?

車磨きでダメージを負った愛車の輝きを回復させる場合、幾つかの研磨工程を必要とします。

塗装させます。

この作業は高度な技術、経験、環境が必要なため技術料としてそれなりの価格を頂戴するというのがショップを運営する側の見解でしょう。

しかしあまり頂き過ぎてしまっているショップが存在しているという訳です。

車磨きの相場については、絶対的な基準というのはないと思いますが、セダンサイズの新車であれば2万円前後、重度のダメージ車両で4〜8万円、それくらいが現実的かと思われます。

DIYでも出来る愛車の車磨き・プロショップ並の仕上がりも可能です
ご自身で車磨きを行う事は可能です。

ですが、ほとんどの方が塗装面を手磨きするでしょうから、 その場合間違った液剤などを使ってしまうと逆に塗装が荒れてしまうので、適切なコンパウンドなどケミカルをご使用されることを推奨します。 DIYのポリッシュに必要なのは当店のフェイスフィクスとウレタンブロックです。 ポリッシャーをお持ちの本格志向の方でもフェイスフィクスは効果を発揮します。

フェイスフィクスはDIYでも最良の下地を作ることが出来る液剤です。 一般的なコンパウンドではボディが荒れてしまうケースでもフェイスフィクスは塗装を荒らさず、含有するレジンが塗装面の微細な小傷を埋めてくれます。 どんなにゴシゴシ研磨しても深い傷を消すことは出来ませんが、可能な限りの小傷や表面劣化を消すないしは見えなくさせる効果を発揮します。 その上からコーティング施工すれば専門店と同等の仕上がりを実現出来るでしょう。

ジャイアントキリングセットにはフェイスフィクスやコーティング剤が一式セットになっているため、に車磨きをしたいという方に大変お勧めのセットです。

03-3882-6662 info@carwash.jp
〒120-0024 東京都足立区千住関屋町20 株式会社ストラトス
let's happy carcare
carwash
SHIFT
COPYRIGHT STRATOS CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社ストラトスに属しております
複製、無断転載は禁止です
touch move..
close