close
お気軽にどうぞ 0120-73-6662

車 外装のシミ・雨ジミ・酸性クレーター・鳥糞、虫、花粉、樹液のシミ・イオンデポジット・ウォータースポット

車の塗装発生した落とせるシミと落とせないシミ

車は雨、風、紫外線、飛来物に晒されるため、時として車のボディには大きなダメージが発生します。

外装に発生するシミには幾つか種類があります。 一つはイオンデポジットなどの汚れ、もう一つは酸化劣化によるダメージです。

イオンデポジット
イオンデポジットは水道水に含まれるカルシウムなどが塗装面に固着してしまう症状でDIYのカーケアでもほとんどが改善可能です。 洗車用品や洗車方法を見直せば発生を確実に抑えることも出来るでしょう。

酸性クレーター
雨汚れ、鳥糞、花粉、樹液などを放置してしまったことが原因で塗装面が極度に酸化劣化したシミについてはDIYで完全に修復するのは難しいと言えます。 なぜならこれらは見た目はイオンデポジットと似ているため、ただのシミに見えますが厳密に言えばシミではなく陥没です。

雨染みは時折ウォータースポットと呼ばれることもありますが、ウォータースポットは雨滴がレンズの代わりをして塗装のベースコートを焼き付かせてしまうダメージです。 これは一昔前の塗装に発生したシミで現代の塗装では発生しません。

車の雨染み、酸性クレーター、頑固なシミ、スケールの修復・完全除去は難しい

先にも述べた通り雨染み、酸性クレーターなどの陥没を修復するのは困難な作業です。

陥没の最深部が残ったケース
陥没が極浅い場合など塗装最表面のみの劣化などはプロショップであれば完全に除去出来ますが。 陥没の具合によってはプロの専門店でも完全に修復出来ない事もしばしばあります。

例えば塗装面の陥没(シミ)が研磨出来る許容を超えてしまっている場合は完全除去は出来ず陥没の最深部が塗装面に残ります。

完全修復が不可能な場合は再塗装する他ないでしょう。

それほどまでに雨染み(酸化劣化による陥没)などは車の塗装のダメージの中でも最も重篤な症状だとお考え下さい。

DIYで雨染み・酸化劣化・シミを改善する方法

フェイスフィクス
完全に修復・改善するのは困難ですが、シフトのフェイスフィクスを用いて塗装表面を手磨きで研磨することで若干の改善は可能かも知れません。

何度も繰り返しますがシミ(陥没)自体を消すのは手磨きでは不可能です。 この作業で行うべきは外装の陥没を進行させないための下地処理です。

フェイスフィクスで陥没を塗装表面を磨くことで、塗装の劣化の進行は完全に止まります。 シミ自体も少し目立たなくなるはずですし、フェイスフィクス後にインパクトやエヴァと言った品質の高いボディコーティングを施せば以後の雨ジミの発生は確実に抑止出来るでしょう。

雨染み・酸性クレーターを完全除去を目指すために専門店に依頼する
榎本店長の磨き
それでも諦めきれない方はプロショップに依頼することをおすすめします。

シフトの場合は雨染みの改善はモニターサービスの研磨で行っております。 モニターサービスの基本料金に加えて価格は1〜4万円ほどで可能な限り雨染みを除去します。

オーバードライブ
ライズ
ギャラクシー
ご予算に応じて研磨を行う事も可能ですので是非ともご相談下さい。

最も重篤なダメージは鳥糞のシミ(陥没・劣化)です
鳥糞による塗装のシミ、陥没は最も重度のダメージです。

雨染みや酸性クレーターよりもダメージに深さがあるため、磨きでは除去出来ないことが多々あります。

鳥糞(糞尿)にはタンパク質やアンモニアなど様々ダメージ要素を含んでおり、糞尿が塗装面で乾く際にクリア層に浸透して変色、陥没を発生させます。

愛車にシミを発生させないためには鳥糞が付着したら速やかに取り除くべきですし、鳥糞を被弾しそうな場所には駐車しないなどの日頃からお気をつけ下さい。

03-3882-6662 info@carwash.jp
〒120-0024 東京都足立区千住関屋町20 株式会社ストラトス
let's happy carcare
carwash
SHIFT
COPYRIGHT STRATOS CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社ストラトスに属しております
複製、無断転載は禁止です
touch move..
close