close
お気軽にどうぞ 0120-73-6662

車 ディラーコーティング後の洗車方法・洗車用品

車にディーラーコーティングしたけど洗車はどうしたら良い?

車にディーラーコーティングを導入した後に洗車をどうしたら良いか迷われている方は多いはずです。 極希に洗車も行ってくれるディーラーもありますが、ほんの一握りです。

ディーラーコーティングを導入されることは意義のあることかも知れませんが、 何を導入されても結局のところ日々の手洗い洗車はとても重要となります。 たとえ高価なディーラーコーティングを施しても、たった一度の雑な洗車で愛車は傷だらけになってしまうかも知れません。 ディーラーコーティングの誇張表記を鵜呑みにして洗車を怠れば、短期間でコーティング膜は疲弊し見た目が著しく低下することも多々あります。

極論で言えば、ディーラーコーティングなどしなくても、手洗い洗車をマメに行えば愛車は一定期間確実に輝き続けます。

車 ディーラーコーティング後は良質の洗車用品で手洗い洗車しましょう

ディーラーコーティング後には出来る限り品質の高い洗車用品で手洗い洗車することをお勧めします。

洗車のクオリティは「優しさ」と「効率」で決まります。
使用する用具類が安価なアイテムであればどちらも得ることが出来ませんが 良品を使用すればボディに傷をつけることなく、スピーディに洗い上げることが出来ます。

洗車は体力を必要としますから、安物のアイテムを使用して洗車が嫌いになってしまう方もいらっしゃいます。 新車購入時は一生懸命だったのに、非効率な洗車に嫌気がさして、洗車機で洗って拭き取りもせずに済ますなんていうことも良くあります。

まずは洗車傷を付けずに効率的に洗浄出来る洗車用品を手にすることが先決です。 これだけで愛車の輝く未来は大きく開けたと思って間違いありません。

愛車のディーラーコーティングを保つための洗車

車の洗車用品は今やネットや量販品店で様々なものが手に入ります。 ディーラーコーティングを施行されているのであれば、そのパフォーマンスを落とさないためにはまず洗浄剤(カーシャンプー)はノーコンパウンドのものを選んで下さい。

コンパウンドを含む水垢落としシャンプーなどはコーティングのパフォーマンスを低下させます。

洗車機も出来る限り使用されない方が良いでしょう。 最近の洗車機は性能も高くなっていますが、やはり若干の洗車機傷は入りますし、洗車機で使用される業務用のシャンプーは何が入っているか分かりません。

あまり神経質になりすぎるのも体に毒ですが、洗車は最も身近なカーケアな訳で その洗車によるダメージは避けたいところです。

まずは可能な限り良質のカーシャンプーをお使い下さい。

また塗装面に触れるブラシや拭き取りクロスは柔らかく効率的なアイテムをおすすめします。

効率的であるほどボディに直接触れる回数が減ります。 これは要するに洗車傷が付く確率が減ると言うことです。

非効率でゴシゴシすると洗車傷だらけになりますが、効率良く軽やかに洗車することが出来れば目に見えた洗車傷が付くことはありません。 ディーラーコーティングのパフォーマンス低下も確実に避けられるでしょう。
汚れたら洗うことで良コンディションをキープ出来ます
ディーラーコーティング施工後にどれくらいの頻度で洗車するかという点についても言及しておきます。

施行したディーラーコーティングが防汚に優れたタイプのものであれば 車は汚れづらくなったとは思います。

ですが、そこで愛車の洗車を疎かにしてしまうと防汚力は低下してしまいます。


コーティング膜の撥水分子は汚れや紫外線に弱く、汚れを残し続けると劣化して効果が落ちていきます。 逆にマメに優しい手洗い洗車を行うのであれば、コーティングのパフォーマンスは簡単には落ちません。

まず車が汚れたら洗うを実践して下さい。

雨の季節に放置するなどが最も悪い例です。 梅雨時期であっても、寒い時期であっても汚れたら軽くで良いですから、洗うことで美観は確実に保たれます。
03-3882-6662 info@carwash.jp
〒120-0024 東京都足立区千住関屋町20 株式会社ストラトス
let's happy carcare
carwash
SHIFT
COPYRIGHT STRATOS CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社ストラトスに属しております
複製、無断転載は禁止です
touch move..
close